竹田祐(履正社)はドラフト何位指名になる?スカウト評価も

どうも管理人のたいがだ。

高校生のドラフト記事を書いていくが、選手が多すぎてドラフト開始までに間に合わないと思うが一生懸命書いていくから見守って欲しい(笑)

 

選手にとっては自分の人生を大きく変えてるであろう、ドラフト会議が行われるのは9月なので後一か月少々となる。

今回の記事は竹田祐投手について記事を書いていこうと思う

 

最後の夏となった大阪府予選で惜しくも敗退してしまい甲子園出場の夢は叶わなかったが、プロの世界で活躍していくことを期待したい。

では、一体どんな選手なのか紹介していこうと思う。

スポンサードリンク

竹田祐投手のプロフィールは?

 

名前     竹田祐

生年月日   1999年7月5日

出身地    大阪府大東市

体重     83kg

身長     183cm

血液型    不明

ポジション  投手

投打     右投右打

 

野球を始めたのは、小学校2年の時になる。

地元の中学校である住吉中学校に進学した際に、シニアチームである生駒ボーイズに所属することになる。

 

中学校卒業後は、大阪でも超強豪校である履正社に入学することに。

選手層が厚い履正社高校でショートのレギュラーとして活躍する。

その後は、投手に専念して2年の春からは控え投手としてベンチ入り。

2年の秋からは新チームのエースとしてチームに貢献する。

同年の秋に大阪府大会準優勝、近畿大会優勝、神宮大会優勝と他の強豪を次々と倒してタイトルを獲得していく。

 

また、記憶に新しい2017年春の選抜では史上初の大阪府代表同士の決勝戦となったが惜しくも敗退してしまい準優勝となる。

2017年の夏の選抜大阪府代表の決勝戦では、履正社高校と大阪桐蔭高校の対戦となり春の選抜の雪辱を晴らす機会であったが、またしても敗退してしまい甲子園出場の切符は手に入れることが出来なかった・・・

 

やはり大阪桐蔭と言う永遠のライバルがいることもあるが、春のセンバツに続き勝てなかったと言う事実を考えるとやはり大阪桐蔭がチーム力が一つ頭が出ていたと言うことは明白だろう。

スポンサードリンク
 




竹田祐投手はドラフト何位指名になる?

高校時代の成績を見ているとこれは文句の付けようがない!

夏の甲子園も出場していたら、と思っている人も多かったと思う。

しかし、勝負の世界である以上これは仕方がないだろう。

 

ドラフトの順位は、1位または2位と言っていいだろう。

ストレートは最速145キロを投げ、スライダー、カーブ、フォークと多彩な変化球を投げることを出来る。

さらに、高校時代の実績を加味するとドラフト上位指名と言うことしか考えられない。

スポンサードリンク
 




スカウト評価も

昨年の秋に神宮大会で優勝したことにより、スカウトからも一目置かれている存在だろう。

また、翌年の春には選抜準優勝、夏には大阪府大会準優勝と素晴らしい結果

残しいている。

これにはスカウトの評価もグッと上がったのではないかと思う。

プロの世界に入ってどんな選手になるのかとても楽しみだな!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください